秀景満・2006・初秋~その先の日本へ~@ボトムライン

2006. 9. 6@名古屋ボトムライン
村井秀清(P)、平井景(Dr)、須藤満(B)
b0097826_12234723.jpg

わたしにとっての初秀景満ライブでございます。
TRIX以外でまともに須藤さんを見るの初めてです。
もちろん、秀さん・景さんも初めてです。
そして千秋楽でございます。
これで盛り上がらない、わけがない!
ノリが悪いと言われる名古屋で、秀景満、みごとやってくださいましたよ~♪
(↑一般的によく言われる話らしいです)

Set list

-1st-
1.Reminiscence(秀)
2.Buy Today's Honey By Tomorrow's Money!(景)
-MC-
3.Mimosa Garden(景)
4.Violet Breeze(満)
5.Eagle Eyes(景)
-MC-
6.Astor's Wing(秀)

-2nd-
7.Super Car?(景)
-MC-
8.Ina Bauer(秀)
9.天川村(秀)
-MC-
10.New Season(満)
11.Contrail(満)

-enc.-
12.(They long to be) close to you

以下、超ネタバレまくりのレポです。
ここまでばらして良いのかな?書きまくりました。
まずかったら誰か止めてください(爆)
ま、一応ツアーは終わったことだし、個人的なブログだし。
ということで、





-1st-

1.Reminiscence(秀)

おおー、ピアノのフレーズ美しい~♪
最初から秀景満の世界に引き込まれます。

2.Buy Today's Honey By Tomorrow's Money!(景)

満さんぽよぽよ連発!
エフェクターでひとりダビングした挙句、
Punch Lineみたいなオチフレーズあり(笑)

-MC-

名古屋は1月のレコ発ツアー以来の8ヶ月ぶりだそうです。
ボトムラインはステージが結構高くて、お客さんと距離が少しあることもあるのか、
前回は盛り上がりがいまいち?っぽかったんだそうですが、
今日のほうが前回よりもお客さんが近くに感じるよね、と満さん。(あらうれしい♪)
そしたら、メンバー紹介された秀さん、
よりお客さんに近づくため、ステージに腰掛けてくださいます(笑)
おお、いいですねえ、この距離感♪さだまさしのような?
お次に紹介された景さんも、ドラムの前に出てきてしゃべってくれます。

今回のツアー初日の大阪はソールドアウトだったとか!
それに比べて名古屋は・・・(- -) ・・・
「空席以外満席ですね~☆」って(苦笑)
確かにとりあえず椅子が埋まるくらいは居て欲しいかも;
でも、そんな名古屋ウケの悪い中?ライブに来ているひとたちはさすがです!
盛り上がりましたよ~!!!天気も悪かったのにねえ。

さて、いろいろ新曲もたまってきた秀景満、
年明けくらいにレコーディングの予定とか!

で、その2ndアルバムに入るのでしょうか、
お次は新曲コーナーでございます。

景さんのミモザガーデンに触発された満さんが
お花の名前をつけた、バイオレットブリーズ。
似合わない、って言いたいんでしょ、と満さん。
じゃ、ブリーズじゃなくてブリーフとか?フリーズとか?って景さん突っ込む(笑)
いやいや、ちゃあんと、ブリーズ(そよ風)感じましたよー♪

3.Mimosa Garden(景)
4.Violet Breeze(満)
5.Eagle Eyes(景)

Eagle Eyesは自由度の高い曲だって紹介されてましたが、
ホントになんかすごかった。いろんな要素が詰まってて。
イントロの景さんの葡萄パーカッション(名前は何だろう?)いい味だしてる。
なーんか不思議。今回のライブで一番面白いと感じた曲でした。

-MC-

そのEagle Eyes、今夜もまた一歩進化を遂げたそうです。
だんだんいい感じに濃ゆくなってきた、ってことを
満さん、言いたかったのに「煮詰まってきた」って
それじゃもう終わりっぽいじゃないですか!
じゃ、もう秀景満は解散ですか!?って。
いつのまにか千秋楽どころか解散コンサートになってます(笑)
というわけで秀景満の最後の曲(笑)

6.Astor's Wing(秀)

エレアコベースって初めて見ました。
ウッドベースの満さんも見てみたいです。
ピアノトリオって勝手にウッドベースなイメージがありましたが、
エレキでもエレアコでもいいんですね。
目から鱗が落ちたような。

-2nd-

満さんはそのまま、景さんは鼓笛隊のように腰にスネア、
秀さんはピアニカケースに紐つけて犬の散歩のように引きずって
三人行進して登場~(笑)
満さんもベースを用意して、秀さんもピアニカ準備して、
ミッキーマウスマーチで会場内を練り歩いてくださいます。
ボトムラインはステージが高いので、
客席に下りるときにピアニカくわえたままの秀さん、
飛び降りた衝撃で口を強打!痛そうでした(>д<)
満さん、空席見つけて椅子下駄!秀景満でもやるかっ!
景さん、お客様の間を練り歩きながら、
「こんにちは~、ありがとうございます~」って、良いお人だ~♪

そして、今回は各地でご当地ソングをやったらしいのですが、
名古屋はやはり!「ドラゴンズ」の応援歌(サビ)でした。
会場も一緒に大合唱。でもわたし名古屋育ちでないので
「燃ーえーよドラゴンズー」しか歌詞が分かりません。

と、ひとしきり遊んで、曲に入ります。

7.Super Car?(景)

SUHRさん、ぷるぷる、ようやく見れましたー、納得(笑)

途中、秀さんピアニカに持ち替えて客席乱入♪
まだ引きずっているのか、ソロの中にしょっちゅうドラゴンズのフレーズが(笑)
マイルス・デイビスの吹きまね~とか、長息選手権~とか、
秀さんやってくれます(笑)

景さんも、腰スネアつけっぱなしで最後まで。
スネア抱えててよくドラムセット演奏できるなあ。

ぷるぷるは、秀さんも景さんも一緒になってやってました(笑)
そりゃ満さんのが桁外れにうまい&キョーレツですけども♪

-MC-

と、1stでいったん解散した秀景満、
再結成して一発目はドラゴンズ!じゃなくて、Super Car?でした(笑)

今回のツアーでは、地方の先々の皆様に媚を売ろう!シリーズで、
ご当地ソングを演奏して回ったんだそうです。
佐賀県ではハナワのSAGA。満さんベースでワンフレーズ歌ってくれました♪
あれだけ、地元をけなしている曲なのに、地元ウケは良く安心した秀景満。
佐賀県のキャッチフレーズは「探して佐賀県」なんですって(笑)

それから、前日が岡山だったんですが、「ももたろう」しか思いつかない秀景満。
岡山ライブの前日が唯一の休みの日だったにもかかわらず、
ライブのため(ネタのため?)に「岡山人なら誰でも知っている曲」
を知るため、わざわざMO:GLAにリサーチに行くお三人。
そして、岡山放送の「OH!体操」、という情報をゲット。
この体操、深夜枠ON AIRされてるそうで、
翌日MO:GLA行ったらOH!体操の録画ビデオが準備されてるじゃないですか!
満さん、楽屋で一生懸命練習して、
その成果をボトムラインでも披露してくださいました♪
yokさん、踊れますか?

8.Ina Bauer(秀)
9.天川村(秀)

ヨーロッパ情熱的なイナバウアー。
まだ仮タイトルなのに、インパクト強すぎ。本タイトルに格上げか?
弾き始める前に秀さん、のけぞってくれました(笑)

-MC-

天川村、最初はMilky Wayだったそうですが、
同名のペンションがあるそうでやめたみたい(笑)なんか甘そうだし(ママの味?)
でも、「天川村」って、素敵な名前ですよね♪こっちの方が好きです。
漢字もすっきりと美しい。満天の星空、見てみたいです☆

さて、同様の日本語タイトル曲、1st albumの「ガラスとれんがの街」。
景さん、英語タイトルを考えてくれと言われているそうです。

というのも。

秀景満、i-Tunes配信予定だそうですー!やったぁ!
これで世界中の人が秀景満の音楽を聴けるのです♪
一曲○○セント?ドル?で。

そしてどうも北欧のほうでは音源を売っているらしいです。
「Oh! Shu-Kay-Man!」とか言ってるのかな~?

それで外国ネタへ。
今回は「その先の日本へ」ツアーでしたが、
「日本のその先へ」ツアーも良いんじゃない?と。

North Sea Jazz Festivalとかいいよねー。って。
秀さん、「オープニングで街並みとか会場とか写すじゃない。
会場の入り口とかで演奏するのとかどう?」って。
それじゃズームイン朝!の後ろで写っているのみたいじゃん!と満さん。

しかし海外展開となると、MC中心で合間に演奏の秀景満としては言葉の壁が。
と。ここにひとり、留学経験のある人が居るじゃないですか!
ということで、秀さん、いきなり英語でMCすることに。
ようこそお越しくださいました、秀景満です、みたいなことをおっしゃって、
満さんが通訳(笑)通訳無しでも誰でも分かるって感じの英語でしたが(笑)

じゃ、MCも秀さんに通訳してもらえばいいや!ってことになったものの、
さすがに、とっさに振られて苦労している秀さん。
そしたらあやしいエセ外国人風日本語でかわりにしゃべってくれる景さん(笑)
この辺、関西の人のノリだあ、って思います♪

ここのMC長かったですね。ぐだぐだ続いています。
ドラムソロ、早くやりたいねん!と景さん主張してようやく曲へ(笑)
満さん、じゃあラストの曲!って、いや、まだラスト前でした(爆)

10.New Season(満)

New Season曲中で景さんようやくお待ちかねのドラムソロ。
いったん秀・満は袖に引っ込んでオンステージでございます。
今回の席は景さん側だったので、目の前の景さんかぶりつき。
ドラマーの手さばき見てると面白い♪

さて、秀・景がステージに戻ってきて曲再開。
曲終盤、テンポアップして、なおかつ満さん、客に手拍子要求!
かなりのアップテンポでしかも裏拍!
意地でもずれるもんか!とこっちも食いついて行きましたよー!
エレクトーン歴20数年のリズム感をなめるなよ!って(笑)
こういう、会場と一体のステージって好きです♪

11.Contrail(満)

最後は英語でもう一回メンバー紹介。うわ、かっこいいじゃん~♪
On Drums, Kay Hirai~!
On Bass, Mitsuru "Man" Sutoh~!
On Piano, Shusei Murai~!
Shu-Kay-Man、でしたー!!!

-ex-
12.(They long to be) close to you

最後にサイン会でCDとPVにしっかりサイン頂きました♪
景さん、かぶりつき&ノリノリで聴いていたわたしを見ていてくださったようで、
「楽しそうに聴いてくださってありがとうございます~」って
言ってくださいました。こちらこそ、ありがとうです♪
そして腰の低い景さん、素敵です♪作る曲も一番ぶっとんでて楽しいです♪
「Eagle Eyes、面白かったです~」って言ったら、
隣で会話を聞いてた満さんが「Oh! Yeah!」だって(笑)
秀さんには言う言葉が思いつかず(爆)
ありがとうございますしか言えませんでした、ごめんなさい。
でも秀さんのピアノ、素敵でしたよ♪

そして会場を後にするときには既に23時を回っている。。。
評判どおり長いライブでした(笑)

次の秀景満ツアーは「市原ひかりwith秀景満」で各地をまわりますが、
「名古屋飛ばし」されてしまいました(泣)
名古屋に一番近いのは京都でした。が、
わたしは遠征する金銭的・時間的余裕はないので、
11/18(土)市原ひかりwithout秀景満@jazz inn lovely(名古屋)予定で
ひかりさんの演奏を聴いてこようかな、と目論んでいます。

秀景満、また名古屋に来てくださいね~♪
今度は2ndアルバムレコ発ツアーとかになるのかな?
楽しみにしています♪


Set list

-1st set-
1.Reminiscence(秀)
2.Buy Today's Honey By Tomorrow's Money!(景)
-MC-
3.Mimosa Garden(景)
4.Violet Breeze(満)
5.Eagle Eyes(景)
-MC-
6.Astor's Wing(秀)

-2nd set-
7.Super Car?(景)
-MC-
8.Ina Bauer(秀)
9.天川村(秀)
-MC-
10.New Season(満)
11.Contrail(満)

-enc.-
12.(They long to be) close to you
[PR]
by michiru-0070403 | 2006-09-07 12:32 | ライブ


元エレクトーン弾きによるジャズ・フュージョン中心日記。日々の小さな幸せを大切に・・・


by michiru-0070403

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

♪いつもお世話になってます
関西人のつぶやき
RAISE THE WIND
音の気持ち-my treasure-
けんばんとかげ
J-FUSION
My Music Life
音楽といっしょ。
フュージョン喫茶

♪好きなアーティスト
TRIX、本田雅人、ほか。
J-FUSIONが一番だけど、
ジャズもクラシックも。
そんな私の音楽歴は
こちら

2006年ライブ一覧
2007年ライブ一覧
2008年ライブ一覧
2009年ライブ一覧
2010年ライブ一覧
2011年ライブ一覧


エレクトーン楽譜所有リスト
music box(要パスワード)

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ライブ
雑誌
CD・DVD
ラジオ・テレビ
フュージョン
エレクトーン
クラシック
ジャズ
未分類

以前の記事

2012年 01月
2011年 01月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
more...

検索

その他のジャンル

ライフログ




























































ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧