川嶋哲郎@Tokyo TUC

すみません、遅ればせながら年末のライブレポ、第一弾です<(_ _)>
b0097826_119241.jpg

2006.12.27@Tokyo TUC
川嶋哲郎(sax)、鬼怒無月(G)、佐藤芳明(acc)

この日は私の誕生日でした。
東京在住の友人、hirと一緒に、東京のライブに行きたい!と思い、
27日に行われるライブをあれこれ検索した結果、
東京神田・Tokyo TUCで行われている、
川嶋哲郎4daysの3日目に行くことにしました。
川嶋さんの公式HPはこちら
いつも読んでいるJAZZLIFEで、サックスの講座を連載している
川嶋さんの演奏を一度生で聴いてみたい、と思ったのと、
この日は、ギターの鬼怒無月さんとアコーディオンの佐藤芳明さんと
一緒にやるセッションということで、
サックス&ギター&アコーディオンって、いったい、どうなるんだろう???
というのも興味をもったきっかけです。




川嶋さんはこれまでに、
鬼怒さんとのデュオのCD佐藤さんとのデュオのCDを出しています。
今日のライブは、この2人をいっぺんに呼んじゃえ!ということで
これらのCDからの選曲になっています。

配置は、左から鬼怒さん、川嶋さん、佐藤さん。
鬼怒さんはアコギとエレキ。
川嶋さんはメインがテナーサックス。
そしてソプラノサックス、フルートにバスクラリネット。
プラス、パーカッションの小物いっぱい。
佐藤さんはもちろんアコーディオン1つです。
私たちは最前列右側で佐藤さんかぶりつき状態です。

サックス、ギター、アコーディオンというリズム隊がいないトリオで
どんな感じになるのかまったく想像がつかなかったのですが、
ドラムの代わりのリズムはぞれぞれ、
鬼怒さんや佐藤さんが楽器の表面を叩いたり、
川嶋さんが打楽器で参加したり、
またベースの代わりは、
佐藤さんがアコーディオンでベースライン+伴奏という形が多かったですが、
鬼怒さん・佐藤さんのソロのときには
川嶋さんがバスクラでベースラインを取ったりしてました。
へぇ~。バスクラ、こういうところでも使えるのね。
キーはわたしが持っているB♭クラと同じようで、
バスクラの演奏中は、私の目線は手元に釘付けになってました。
ちょっと顔を上げると、川嶋さんとも目が合ってしまいそうで、
なんか恥ずかしくってバスクラ演奏中の川嶋さんの顔は見れませんでした(照)

いままで、サックスプレイヤーさんのライブは、
本田さんとか勝田さんとか、アルトが多かったですが、
川嶋さんのサックスはテナーだからなのか?
すごく「大人の男~♪」な感じの音でした。
音に凄く幅があるというか、太いというか、
プレイヤーさんや楽器によってホントに全然違うので面白い。

1stの2曲めでは、タイトル、なんだっけ?って鬼怒さんに聞いている川嶋さん。
あんたの曲でしょ!って鬼怒さんに突っ込まれてました(笑)
川嶋さんの曲はタイトルが決まっていないのが多いとかで、
「あれ」とか「それ」とか指示語でセットリストが出来ているらしい(笑)
川嶋さん、「みなさん、CDで確認しておいてください」って、
タイトルは「悲しみのタンゴ」でした。まさにタンゴ!
川嶋さんの3連カスタネットがとても良い味をだしています。

つづいてのアンティキティラは、ギリシャのアンティキティラ島という島で
発見された精密機械の名前なんだそうです。
川嶋さんのフルートが、地中海に浮かぶ島、青い空、青い海を想像させます・・・
パーカッションも貝殻じゃらじゃら。

1stの最後は、「甘い罠」。
なんで甘い罠なの?と鬼怒さんが質問。
佐藤さんは、「パントマイム集団から依頼されて作った曲で、
そのパフォーマンスのタイトルが「甘い罠」。」
・・・という、僕が考えた訳じゃない、という答えでした。
この曲はちんどんやさんをほうふつとさせるんですよね~
多分、音階が和風だからなんだろうな。
・・・そういえばちんどんやさんもアコーディオンとサックスがいたんだったかしら?
この曲では、川嶋さんはおもちゃの笛(楽器の一部を引っ張って音程を変える)を
胸ポケットにスタンバイし、ソプラノから急いで持ち替えて合いの手を入れてました。

2ndの1曲目、ARCOSでは、
川嶋さん、フルートをスタンドからはずすときに引っ掛けてしまい、
最初は順調に吹いていたのですが、途中から様子がおかしい。
首をかしげて・・・どこかキーが曲がったみたいです。
とりあえず今日はフルートの曲はこれで終わったので問題ない、
明日修理に出すけど、もう年末だし、まだやっているかなあ・・・
とかなりへこみ気味の川嶋さん。

佐藤さんの作る曲はどの曲も面白くて、
ARINCOは7拍子の独特の雰囲気をもっています。
すごく物悲しい感じが、たしかに、ありんこ、な感じですが、
これがどんどん、どんどん、どんどん、迫力を増してエスカレートしてくるのです。
ソプラノサックスも重なって、
ありんこどころじゃない、巨大化したのか?
鬼気迫るような恐ろしい昆虫に成長したのか?
って雰囲気です。面白いな~

最後に、せっかく記念日だし、サイン欲しいな♪と、
川嶋さん&佐藤さんのCD「リーズン・オブ・リーズ」を購入し、
楽器のお片づけをしている3人に順番にサインを頂きました。
川嶋さんに、「実は今日誕生日なんです」と言ったら、
「なんで早く言わないの!」と怒られました。
だっていつ言えば良いのか、タイミング難しいんだもの・・・
CDには、「HAPPY BIRTHDAY」と書いてくれました♪

今回のライブは、ジャズサックスプレイヤー川嶋さんのライブということで
ジャズなのかなと思いきや、実際の所、カテゴライズするのは難しかったです。
でも、そんなことはナンセンスで、ジャンルはどうだってよくて、
大事なことはその音楽が楽しいか、面白いか、感動するか、なのですよね。
なかなか普段聴く事がなさそうな音楽を聴く事ができて面白かったし、
誕生日という記念日にはふさわしく、大満足でした♪

set list ()内は作曲者/川嶋さん&鬼怒さんの楽器を明記

1st
1. PACEMAKER (鬼怒)/TS、AG
2. TANGO TRISTE(悲しみのタンゴ) (川嶋)/TS、AG
3. ANTIKYTHERA (佐藤)/Fl、AG
4. 甘い罠 (佐藤)/SS、EG

2nd
5. ARCOS (鬼怒)/Fl、AG
6. MOTEGO BAY (川嶋)/TT、AG
7. ARINCO (佐藤)/SS、AG
8. Bressles (鬼怒)/TS、EG

Enc.
9. FIST (川嶋)/TS、EG
[PR]
by michiru-0070403 | 2007-01-07 11:13 | ライブ


元エレクトーン弾きによるジャズ・フュージョン中心日記。日々の小さな幸せを大切に・・・


by michiru-0070403

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

♪いつもお世話になってます
関西人のつぶやき
RAISE THE WIND
音の気持ち-my treasure-
けんばんとかげ
J-FUSION
My Music Life
音楽といっしょ。
フュージョン喫茶

♪好きなアーティスト
TRIX、本田雅人、ほか。
J-FUSIONが一番だけど、
ジャズもクラシックも。
そんな私の音楽歴は
こちら

2006年ライブ一覧
2007年ライブ一覧
2008年ライブ一覧
2009年ライブ一覧
2010年ライブ一覧
2011年ライブ一覧


エレクトーン楽譜所有リスト
music box(要パスワード)

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ライブ
雑誌
CD・DVD
ラジオ・テレビ
フュージョン
エレクトーン
クラシック
ジャズ
未分類

以前の記事

2012年 01月
2011年 01月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
more...

検索

その他のジャンル

ライフログ




























































ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧