キエレス・マテ?@名古屋Stageあうん

2007. 3. 19@名古屋Stageあうん
キエレスマテ?
宮野弘紀(Gt)、岡本博文(Gt)、赤木りえ(Fl)

本日のライブは、ギター&フルート。
ラテンフルート第一人者の赤木さんを一度聴いてみたくて、
赤木さん目当てで行ってきました。
私は、ジャズ・フュージョン系でよくある、サックス奏者のフルート持ち替え曲が結構好きで、
しかもラテン色の強い、明るくノリの良い曲が好きなものですから、
ラテンで、しかもフルート専門と来たら、きっと良いに違いない!と。
というわけで、今日のお3人は全員、お初です。

今日は、お料理込みのライブでして、
ライブ前に懐石料理を頂くことになっています。
ここ、Stageあうんは普段はお食事メインで、
たまにライブを開催しているようです。
というわけで、食事込みのチャージで結構良いお値段したのですが(苦笑)
えーい、行ってしまえ!と、食いしん坊のお友達を連れてやってきました。

店内に入ると、年齢層が高いのにビックリ!
わりとお年を召したおじ様やおば様が多くいらっしゃいます。
結構おしゃれな雰囲気で・・・おしゃれなお友達と一緒でよかったぁ、
一人だとかなり勇気がいったかも。
先付の菜の花のごまあえや稚鮎の南蛮漬、
椀物の桜葉で葛のあんかけ、鰆の焼物、筍の湯葉揚げなど、
季節感満載のお料理を器とともに堪能させて頂きました♪

おなかも満たされたところで、いよいよライブの始まりです♪



このユニット、「キエレス・マテ?」は、「マテ茶はいかが?」という意味の、
60%ラテン、40%は和テイストのアコーステックユニットです。
マテ茶は南米の労働者たちが良く飲むお茶。
岡本さん、マテ茶を持参してくださってました。
終演後、希望者には振舞いますって言ってたけど、
飲まれた方いらっしゃるのかな?私はすぐ帰ってしまったので・・・

MCで、「和」という表現をされましたが、
宮野さんオリジナルの季節限定曲「さくら」など、目を閉じて聴いていると、
フルートが尺八のような、そしてギターがお琴や三味線のように感じたりして。
うーん、なんだか不思議。
今日のお食事も和風懐石料理だったので、和はぴったりでしたね。

席はほぼどまん前、お3人と私との間にさえぎるものはほとんどありません。
そして目の前で繰り広げられる宮野さんのギター。
私はギターについてはとっても弱くて全然分からないのですが、
なにやら奏法も凄そうだし、なにより高音がとっても素敵でした。
透明な水滴のような、ぽろろん♪って感じで。
これがまたフルートの音と合うんです・・・♪
その2つの音を、岡本さんのギターのバッキングで支える、というシチュエーションに
もう惚れ惚れです。

赤木さんは見た目もとっても素敵な方でした♪かっこいいなあ♪
音ももちろん♪芯のある、時にはしなやかで時にはパワフルで。
ライブ終盤、コーヒー・ルンバやエル・クンバンチェロのソロはもの凄かったです。
5月に「カリビアン・フルーツ」(?)というCDを発売されるとのこと、楽しみです。
岡本さんもRAGからCDを発売されるとのことで、宣伝をしておられました。
演奏中の岡本さんの挑戦的な目つき、印象的でした。

グリオやパライソ、キエレス・マテあたりは、私が好きな感じのラテンナンバーでした♪
岡本さんのディシジョンズ(決意)は、どことなく和っぽい?と思ってたら、
演奏後に宮野さんが「アンデスっぽいねえ」と。それも納得。
ちょっとしたことで感じが変わるのって凄いなあ。
クレッセントはプログレっぽく、またテイストが違ってて面白いです。

ライブ終盤、赤木さんが「一言いわせて」とMCを始めたのですが、
実は、赤木さんのおじいさまは名古屋に住んでおられたそうで、
しかも戦前は、今日のライブ会場(徳川町)近くに住んでおられたのです。
当時、今日のライブ会場のお店の場所は空き地で、
ここに大きな防空壕を掘って、近所の方々みんなで避難をして
3月12日の名古屋の空襲では生き延びることができたのだそうです。
しかしそれでみんな焼けてしまって、住居は別のところに移転したそうなのです。
この話はつい最近聞いたそうで、それがなんと3月12日!
とっても運命めいた話で、もう偶然とは思えないような。
なにか、ご縁があったのでしょうね。きっと。

そして今日の客層。
明らかに、最初からキエレス・マテ目当てだろうな、という方は1/3以下?
残りは、きっと比較的ご近所の、お店の方のお知り合いじゃないのかしら、と
いう雰囲気で、しかもお年を召した方が多かったので、
この空襲の話を聞いて、ライブ本編終了後に
赤木さんのところに飛んでいって「その防空壕の話、知ってるわよ!」というおばさま、
赤木さんのおばさまは同級生だったよ、というおじさまなど、
地元ならではの話の多いこと!赤木さんもビックリしておられました。

・・・そんなこんなで、アンコールの手拍子が途切れてしまい、
しかも気がついたらお客の1/3はもう帰ってしまってました(爆)
↑ライブに慣れている方だったらアンコール無しで帰ったりしないでしょ?
あやうくアンコール無しの流れになってしまうところでした。
しかし、「アンコールやってー!コンドルは飛んでいくを聴きたい!」という
宮野さんファンの声援のおかげで、何とかアンコール復活!よかったぁ♪
しかしこの宮野さんファンらしきオバさまたち、演奏中の写真をカメラで撮るのは
まあ許すとして、携帯電話でも撮ってたので、撮影時の音が気になって仕方ありませんでした(^^;)

普段はなかなか食べることのない、ちゃんとしたコースの和食に
なかなかない客層(笑)、そしてフルート&ギターアコライブ。
ある意味、貴重なライブ体験となりました。
ま、たまにはこんなのもいいかも?

宮野さんは、これからもちょっと気にかけたいな、
そして赤木さんの別ユニットも聴いてみたいな、
こんどはちゃんとしたライブハウスで(苦笑)
と思いながら帰路に着いたのでした。


Set List

1st set
1. グリオ
2. パライソ
3. ディシジョンズ
4. さくら
5. 佐渡おけさ

2nd set
1. キエレス・マテ?
2. フェリシアーノ
3. クレッセント(ラテンバージョン)
4. 悲しい酒
5. コーヒールンバ
6. エル・クンバンチェロ

Enc.
コンドルは飛んでゆく
[PR]
by michiru-0070403 | 2007-03-20 14:40 | ライブ


元エレクトーン弾きによるジャズ・フュージョン中心日記。日々の小さな幸せを大切に・・・


by michiru-0070403

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

♪いつもお世話になってます
関西人のつぶやき
RAISE THE WIND
音の気持ち-my treasure-
けんばんとかげ
J-FUSION
My Music Life
音楽といっしょ。
フュージョン喫茶

♪好きなアーティスト
TRIX、本田雅人、ほか。
J-FUSIONが一番だけど、
ジャズもクラシックも。
そんな私の音楽歴は
こちら

2006年ライブ一覧
2007年ライブ一覧
2008年ライブ一覧
2009年ライブ一覧
2010年ライブ一覧
2011年ライブ一覧


エレクトーン楽譜所有リスト
music box(要パスワード)

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ライブ
雑誌
CD・DVD
ラジオ・テレビ
フュージョン
エレクトーン
クラシック
ジャズ
未分類

以前の記事

2012年 01月
2011年 01月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
more...

検索

その他のジャンル

ライフログ




























































ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧