カテゴリ:CD・DVD( 63 )

TORIYAMA/鳥山雄司

b0097826_1322995.jpg

元旦発売日の鳥山雄司さんデビュー25周年記念アルバム。
先日、risaさんに年内に入手可能との情報を頂き、
あわてていつものHMVに予約を入れ、
受取り先住所を実家に指定し、もしお正月の間に届かなかったら・・・
と心配しておりましたが、先ほど届きました♪

そしたら、上記の写真のように、サインが同封されてきました!!!
やったぁ~♪嬉しいサプライズです!!!

いま、さっそく、聴いています。いいですね~♪
幅広いジャンルでご活躍の鳥山さんらしい、
The Song of Lifeに代表される、壮大な曲から、
落ち着けるバラードまで、多種多様な音楽が詰まっています。

年内に購入したCDはこれが最後となりましたが、
よいCDで締めくくることができて嬉しいです・・・♪♪♪
[PR]
by michiru-0070403 | 2006-12-30 13:35 | CD・DVD

今年を振り返って~CD&DVD編~

昨年までとは比較にならないほど、ほんとに、たくさん買いました。(購入一覧はこちら
新譜・旧譜を含め、今年購入したCD&DVDマイベスト!

一番良く聴いたCD・・・頻度も、中身も!!!曲名がすべて完璧にそらで一致するのは、TRIXだけです(爆)
ART/TRIX

一番良く観たDVD・・・ホントにライブに行ってるみたい♪よい出来です。さすがBSフジ!VOEも早くね・・・♪
Live! Assemble A Crew/本田雅人

一番就寝前に聴いたCD・・・ほんと、よく眠れます♪私の睡眠導入剤です。(もともと寝つきは良いほうですが)
Contrail/秀景満

一番お得だったCD・・・値段も(つーか無料だし)、中身もおトクでした♪
Murano Session/produced by クリヤ・マコト

一番衝動買いだったCD・・・店頭試聴での偶然の出会いから始まりました。
Blue 'G'/NAOTO
[PR]
by michiru-0070403 | 2006-12-25 18:35 | CD・DVD

S・P・O・R・T・S

b0097826_233812.jpg

先週、実家に帰って発掘してきたもの第2弾!
The SQUARE(T-SQUAREではありません!)、SPORTSのカセットテープです。
カセットかぁ…時代を感じますね(^_^;)
多分これが、自分の意思で買った初めてのテープだと思います。
中1くらいかな…?
名曲・宝島はエレクトーンのみならず、中学のブラスバンドでもやりました。
須藤さんはまだ加入前ですね。ベースは田中豊雪さん。
則竹さんはもういらっしゃいます。
あと、安藤さん・伊東さん・和泉さん。
しかし、この水着姿…シマシマパンツ(爆)
フュージョンバンドでこういうのってどうなんですかね?

…と、この件はおいといて(笑)
久しぶりに聴きましたが、やっぱりいいですね♪
なかなか曲名と一致しないのですが、これぞスクェア感満載です。
作曲者をちゃんと照らし合わせながら聴くのは実は初めてかも…
やっぱり安藤さんや和泉さんのは、それぞれらしさが出ていますね。
実はオーバーヘッド・キックが結構好きだったんですが、これは田中さんの曲だったんですね。
田中さんっていままでまったく認識なかったです、ゴメンナサイ。
この曲は、よくエレクトーンの大会のオープニングで使われてたので、それで馴染み深かったのかもしれません。
それから、伊東さんの雲路(Passage of clouds)。
わたしはつくづくEWIが好きなようで(笑)このリーフレットにはlyriconとあります。
リリコンは聞いたことあるけど、「digital Takecon-1」とは何ぞや?
うぉ、Love allではトランペットで数原晋さんが参加してるっ!!

…と、ホントに、久しぶりに発掘してみるといろんな発見がありますね。
[PR]
by michiru-0070403 | 2006-12-22 23:38 | CD・DVD

ゲイリー・バートン&小曽根真 ライブ・アット・モントルー2002

b0097826_1915964.jpg

ゲイリー・バートン&小曽根真 ライブ・アット・モントルー2002
実は、小曽根さん初のDVD作品です。

わたしが小曽根さんに初めて出会ったのは、小曽根さんのアルバム「Treasure」
試聴はこちら
b0097826_1933990.jpg

チック・コリアやマイケル・ブレッカーが参加しているということでこのアルバムを購入したのですが、
このお二人はもちろんのこと、小曽根さんの楽曲&ピアノプレイに感動し、
なにより、ゲイリー・バートンとのデュオ(Tanglewood '63やMight As Well)がとっても素敵だったのでした。
以降、一度ゲイリー・バートン聴いてみたい・・・♪と思っていたけど、
チケットが高く、今年の来日公演@ブルーノートは迷っていたものの断念したのです。
そしたら、今回、二人の演奏がDVD化されるということで、これは買いだ!と、即予約しました。

・・・すると、12/20が発売日だったと思うのですが、その前の日にHMVから届いたのでビックリ!
ということで早速鑑賞会を行いました♪♪♪

このDVDは、2002年のモントルー・ジャズ・フェスティバルを収録したものです。
ゲイリー・バートンの演奏姿をこんなにはっきりしっかり見るのは初めてです。
ものすごいバチさばき!!!
世の中に楽器は数あれど、ヴィブラフォンのような、鍵盤バチ物・・・?、一番尊敬します。
だって、手と鍵盤の距離があんなに離れているのに、あの速さでプレイするのですから。
もう、バチは自分の体の一部なんだろうなあ。

わたしは、ヴィブラフォンの音色が好きみたいです。
キラキラして、どこかやわらかくて、あったかくて、ムーディーで・・・
しかも和音を奏でることができるし。
ピアノとヴィブラフォン、たった2台の楽器なのですが、
音質の違う2台それぞれが和音を出すことができるので、
すごくすごく、音の広がりが出るのです。

曲の合間でのゲイリー・バートンによるMCもノーカットです(多分)。曲にまつわる話を二言、三言。
小曽根さんは一言も発しませんでしたが;
前半の4曲は、ヴィヴラフォン奏者トリビュート曲とのこと。
わたしは、誰一人として知らなかったのですが、
ミルト・ジャクソンはマンハッタン・ジャズ・クインテットで活躍していたり、と超大物なのですね・・・。

後半は、2人のデュオアルバム「ヴァーチュオーシ」より。←試聴できます
b0097826_1233738.jpg

これは、クラシックの曲を取り上げ、ジャズのインプロヴィゼーションとの融合を図ったもので、
グラミー賞のザ・ベスト・クラシカル・クロスオーバーアルバム部門にノミネートされました。
どの曲も、クラシックの原曲に忠実でありながら、非常に自然な流れでのインプロヴィゼーションを聴かせてくれます。
このアルバムも好きなんです♪♪♪
クープランの墓(ラヴェル)は、アルバムでも1曲目なのですが、
この2人のための曲じゃないか!と思ってしまうくらいにぴったりはまるのです・・・♪
幻想的な雰囲気がヴィブラフォンにピッタリ。
一方、スカルラッティのソナタはかわいくてキラキラしてて、これまたヴィブラフォンに合うんだよなー。
また、ガーシュウィンのピアノコンチェルトなどは、原曲はオーケストラでありながら、
その壮大さを見事にピアノとヴィブラフォンの2台で表現しています。
ガーシュウィンのピアノコンチェルト in Fはエレクトーンプレイヤー内海源太さんの演奏を間近で見てからというもの、
大好きな曲なのですが、ピアノ&ヴィブラフォンのデュオのアレンジも、また良し・・・♪

最後のアンコールは、小曽根さんの「Bienvenidos al Mundo」、
この曲も大好きな一曲です♪♪♪

全編通して、2人のプレイを間近でしっかりと、
そしてピアノとヴィブラフォンの音色を存分に堪能できる一枚でした♪
満足、満足♪♪♪

<収録曲>
1 アフロ・ブルース
2 バグズ・グルーヴ
3 ホール・イン・ザ・ウォール
4 オパス・ハーフ
5 クープランの墓
6 ソナタ K.20
7 「遠足」より第1曲 作品20
8 前奏曲 第8番 作品32の8
9 ミロンガ
10 ピアノ・コンチェルト・イン・F
11 ビエンヴェニドス・アル・ムンド
[PR]
by michiru-0070403 | 2006-12-21 12:01 | CD・DVD

JAZZ TO THE WORLD

b0097826_17371823.jpg

JAZZ TO THE WORLD
邦題:ジャズ・クリスマス・エイド

今回、実家から発掘してきた、クリスマスコンピレーションアルバム。
版元はブルーノートです。1995年発売。
「エイド」と銘打ってあるのは、
スペシャル・オリンピックという、知的障害者のためのオリンピックのための
チャリティー・アルバムだからです。

発売当時、洋物ジャズ・フュージョンをかじりはじめたばかりで、
なにかクリスマスもののジャズのアルバム欲しいなあと店頭で物色していて、
キース・ヘリングのジャケットが印象的なこのアルバムが目に留まり、

お!ブルーノートだって!あ、チック・コリアだ!ブレッカー・ブラザーズだ!

・・・くらいのノリで、購入した記憶があります。
その後、数回は聴いたものの、しばらくしまいこまれていました。

今回、まつこふさんがジャズ・クリスマス・アルバムの話(これとかこれ)をされていたので、
ふと、このアルバムの存在を思い出し、改めてじっくり名前を見てみると・・・
うわっ、これ、実はすごい豪華なメンツだったんだ!!!

今年になって、JAZZLIFEやADLIBを読むようになったので、
いやでも海外アーティストの名前は目にする機会が多くなりました。
いままではほとんど知らなかったのですが(^^;)

今年のADLIBの7月号の表紙を飾っていたマイケル・フランクスや、
先日新譜を発表したダイアナ・クラール、
ランディー・ブレッカーの元・奥様のイリアーヌ、
まつこふさんが最近ご執心のデイヴ・コズ・・・
ハービー・ハンコックやフォープレイも、購入当時は知らなかったかも。

曲も、どれも素敵なアレンジに仕上がっています♪
ヴォーカル曲とインストのバランスも良し。
なかなか多彩なアルバムです。
私は、1, 3, 6, 12あたりが好きです。
こちら(amazon)で試聴できます♪

1. Winter Wonderland/Herb Alpert and Jeff Lorber
2. Baby, It's Cold Outside/Dianne Reeves and Lou Rawls
3. It Came Upon A Midnight/Fourplay
4. Have Yourself A Merry Little Christmas/Diana Krall
5. O Tannenbaum/Stanley Clarke, George Duke and Everette Harp
6. Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!/Michael Franks
7. The Christmas Walts/The Brecker Brothers with Steve Khan
8. The Little Drummer Boy/Cassandra Wilson
9. I'll Be Home For Christmas/Herbie Hancock and Eliane Elias
10. O Come O Come Emmanuel/John McLaughlin
11. Christmas Blues/Holly Cole
12. Angels We Have Heard On High/Steps Ahead
13. The Christmas Song/Anita Baker
14. What Child is this?/Chick Corea
15. Winter Wonderland/Dave Koz
16. Il Est Ne, Le Divin Enfant/Dr. John
[PR]
by michiru-0070403 | 2006-12-19 17:37 | CD・DVD

到着~!

b0097826_1223345.jpg

はるばる北の大地から、bootrecordのCDたち、ようやく届きました♪
まずは、先日から話題に上っている、ジャケットの「視聴上の注意」。
どんなのかな~?とワクワクしながら封を開ける私。

・・・っっっ!!!
今回、3枚購入したのですが、3者3様で面白い~!
bootrecordさんからは他ユニットのCDも出ていますが、
曲はもちろん、この「視聴上の注意」がなんて書いてあるのか、
すっごい気になっちゃう~!

ということで、他のbootrecordのCDも買ってしまいそうな勢いです(爆)
商売上手ですね、bootrecordさん♪
ちなみに次の候補に挙がっているのは、piadaとsnakeです。
snake: 真部裕(Vln) 丸山朋文(Vc)
piada: 坂上領(Fl) 伊藤志宏(Pf) 井上真那美(Vc)
私は、鍵盤弾きで、かつ、弦・管も好きなので、心惹かれます・・・♪

CDレビューはまた後日・・・じっくり聴いてからにします。

ケースにヒビは入っていませんでした・・・
ぱんさん、ある意味ラッキーだったのでは?(笑)
[PR]
by michiru-0070403 | 2006-12-12 12:10 | CD・DVD

bootrecordって・・・ (爆)

AIR JAZZ vol.10で、松本さんの世界を堪能したワタクシ、
やっぱり松本さんのソロアルバム欲しいかも♪
と、早速、松本さんの「life re:」と「PROMiSES」、
ついでに、熊谷望さんの「Chronochroma」を
松本さんのレーベル、bootrecordに注文しました。

そしたら、bootrecordから注文直後に来たメールタイトルが・・・


  「注文確認(自動痩身)」


!?・・・間違い?じゃないよなぁ、「自動送信」だし(笑)・・・
そのあと、お金を振り込んで、向こうが入金確認して、
その後に来たメールタイトルが・・・



  「商品発射完了!」


やっぱ狙ってる、間違いない(爆)
おかしすぎるわ、このレーベル(笑)

ということで、明日あたり届くかな?
3枚ともに、松本さんはもちろん、本田さんも参加してるし、
PROMiSESでは、NAOTOさんの三線も聴けるということで、楽しみです♪
[PR]
by michiru-0070403 | 2006-12-07 17:07 | CD・DVD

AIR JAZZ vol. 10 Keiji Matsumoto

b0097826_972882.jpg


AIR JAZZ vol.10 Keiji Matsumoto 配信開始~~~~~!!!!!
最初から最後まで松本さんのピアノを存分に堪能できます!
また、フルートがいい味出してるのよ♪
松本さんのピアノと良く合います。
ギターも、ベースも、ドラムも、全てが調和良く、素敵です♪
いいわぁこれ~♪

2006. 9. 28収録 松本圭司その14!@BAJ
Pf/Key:松本圭司、Ds:田中栄二、B:須藤満、Gt:鈴木禎久、Fl:坂上領

Playback
登山列車と雨男
Start Practice
The Ring
Belfast Song
Promises of Rain
K.B.T.
Home Again
[PR]
by michiru-0070403 | 2006-12-06 09:03 | CD・DVD

AIR JAZZ Podcast vol.10

AIR JAZZ Podcast vol.10 、11/29より配信が開始されてたようです。
こちら
増崎さんと松本さんの対談です!!!
内容もたっぷりで面白かった~
松本さん・坂上さん・鈴木さんの関係、知りませんでした~
バックで曲がかかってました。いい感じ♪

12/6からAIR JAZZ配信開始です。楽しみ~♪
アンコールでやった、ピアノソロの「Home Again」が初公開だそうです。
(曲を書いたのは昔だけど、新曲)

AIR JAZZ vol.10
2006. 9. 28収録 松本圭司その14!@BAJ
Pf/Key:松本圭司、Ds:田中栄二、B:須藤満、Gt:鈴木禎久、Fl:坂上領
[PR]
by michiru-0070403 | 2006-12-01 13:15 | CD・DVD

教則DVD「須藤満徹底解析」

b0097826_8281340.jpg
先日の則竹さんに引き続き、今度は須藤さんです。
HMVでは、11/25発売って書いてあったけど、
昨日(11/23)名古屋パルコの島村楽器に行ったらあったので、
買ってきてしまいました。昨日、買うつもりはなかったのに~
(というか、発売日を忘れていた)
ま、いずれ必ず買うつもりだったから、いいんだけど。

パルコの島村は、教則DVDの品揃えがかなり豊富です。
楽器の品揃えも豊富なので、電子ピアノとか、V-Drumを触って遊んで来ます。
エレクトーンはないけど、譜面は売ってるので、
買い物のついでに寄ることが多いのです。

須藤さんのDVDは、タブ譜付きです。
収録曲は、
・TRUTH
・TRAFFIC JAM
・PIOGGIA DI CAPRI
・勇者
 (以上、T-SQUARE5人での演奏)
・ベースソロ
 (with則竹さん)

各曲、他メンバーも時々映りますが、
もちろん須藤さん、そして手元がメインの映像です。
指さばき、あざやか~♪
そして指が綺麗~☆見とれてしまいます。

TRAFFIC JAMは本田さんの難曲の一つです。
で、こういう大変な曲はプロでもゆっくりから練習するんだよ、と、
スローテンポ、ミドルテンポ、そしてインテンポと
3種類の速さでTRAFFIC JAMのベースを弾きます(with則竹さん)。
こんなの、なかなか聴く機会ないですよね~
そしてプロでも同じなんだなあとなんだか身近に感じて嬉しい♪
私も弾けないときはテンポダウンして、5ずつあげて手に叩き込んだなあ・・・(懐)

時折、則竹さんとのおしゃべりがはさまります。
ほのぼのトークでなごみます。
須藤さんの解説は、いつものMCみたいな感じで(笑)
やっぱりキャラクターが出ますね~

PIOGGIA DI CAPRIでは、曲に合う奏法は?ということで、
フレッテッドで2フィンガー(ミュートあり)が通常パターンですが、
ミュートのあり・なしの弾き比べ、
さらに、フレットレスでの2フィンガー、スラップ、と、
同じフレーズで違う奏法は非常に比較しやすく面白いです。

勇者は、ベースラインを崩しにくい場合の
ベースラインバリエーションの作り方。
最後の本田さんソロで盛り上がってきたときどうするかってことですね。
で、プルやスケールノートをいれて変化をつけてみる。
それに応じて、則竹さんのドラミングも一緒に変わってくるので面白いです。

最後はベースソロの作り方。
これも、基本パターンをモチーフにして、
勇者のときと同じように、リズムや音程でちょこちょこっと遊んでみる。
・・・って、これ、即興そのままだ!
装飾音や経過音、フェイク・・・そういう引き出しをいっぱいもってて、
いかに展開していくことが出来るか、それが最終的にはアドリブに
つながっていくのでしょうね・・・。
楽しく即興の勉強が出来たら良かったんだけど、
一度苦手意識を持ってしまうと、なかなか難しいです。
即興のレッスンは苦痛でした・・・(泣)
もっと楽しめたらよかったなあ。

私はベースは弾いたこともないけれど、
音楽を作っていくその中身は、楽器は違えど、みんな共通なのね!!

・・・と、ベース教則ながら、ベースを弾かない私にも勉強になりました。
[PR]
by michiru-0070403 | 2006-11-24 08:26 | CD・DVD


元エレクトーン弾きによるジャズ・フュージョン中心日記。日々の小さな幸せを大切に・・・


by michiru-0070403

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

♪いつもお世話になってます
関西人のつぶやき
RAISE THE WIND
音の気持ち-my treasure-
けんばんとかげ
J-FUSION
My Music Life
音楽といっしょ。
フュージョン喫茶

♪好きなアーティスト
TRIX、本田雅人、ほか。
J-FUSIONが一番だけど、
ジャズもクラシックも。
そんな私の音楽歴は
こちら

2006年ライブ一覧
2007年ライブ一覧
2008年ライブ一覧
2009年ライブ一覧
2010年ライブ一覧
2011年ライブ一覧


エレクトーン楽譜所有リスト
music box(要パスワード)

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ライブ
雑誌
CD・DVD
ラジオ・テレビ
フュージョン
エレクトーン
クラシック
ジャズ
未分類

以前の記事

2012年 01月
2011年 01月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
more...

検索

その他のジャンル

ライフログ




























































ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧